鳥取大学振興協力会

会長ごあいさつ

 

鳥取大学振興協力会は、鳥取大学と地元産業界との交流を推進し、相互理解を深めることにより、産学連携を推進し、ひいては県内産業の振興を図ることを目的として、平成12年に設立いたしました。各種情報提供、鳥取大学と会員による交流会の開催、県外先進地視察の実施、また平成19年度より開始した鳥取大学と会員との萌芽的研究に対する経費支援など、活発な活動に取り組んでおります。

 

 

鳥取大学振興協力会 概要

〇代表者 会長 羽馬 好幸(気高電機株式会社 代表取締役社長)

〇事務局 鳥取大学地域価値創造研究教育機構地域連携推進室(鳥取市湖山町南4丁目101)

〇設立時 平成12年12月14日

〇会 員 本会の趣旨に賛同した県内外の企業を初めとする法人等(最新の情報は会員企業一覧をご参照下さい)

〇役員等 名誉会長、相談役、会長、副会長、理事、監事、顧問(役員名簿)

〇年会費 1口以上(1口:1万5千円)(事業年度:4月1日から翌年3月31日まで)

〇鳥取大学振興協力会 会則はこちらから(会則)

 

事業概要

(1)地元産業界との交流会事業等の実施

 鳥取大学と地元産業界との交流を推進し、相互理解を深めるため、講演会、懇親会、訪問相談会等の開催、およびホームページの運営及び情報発信等を行う。

(2)鳥取大学との産学連携の推進

 鳥取大学が行う講演会、セミナー、技術講習会その他の産学に関する事業を支援・推進する。

(3)県外先進地視察

 先進地を視察することにより、県内産業振興に向けた取組みの参考に資する。

H23京都、H24 北九州、H25 広島、H26兵庫、H27愛知・岐阜、H28 兵庫・大阪、H29 京都・滋賀、H30 石川、R1 中止)

鳥取大学振興協力会事業報告書(平成26年度~令和元年度)はこちらから

 

研究シーズ開発等支援経費

会員である中小企業からの提案で、将来鳥取大学との共同研究に発展する可能性のある研究に対し、当該研究に必要となる経費を支援する。(1件30万円以内)

【支援経費負担割合:協力会1/3、鳥取大学1/3、会員1/3】

研究シーズ開発等支援経費採択会員企業一覧(平成19年度~令和元年度)はこちらから

Top